スポーツやケガなどで膝関節に痛みのある方 再生医療の治験にご協力いただけませんか?

「こんな症状はありませんか」

  • 痛み止めを飲んでも、湿布を貼っても、注射をしても膝の痛みが続いている
  • 過去に靭帯損傷や半月板損傷の治療や手術を受けているが、また膝が痛くなってきた
  • スポーツする時に膝が痛い
  • 膝をケガしてから、膝の痛みがおさまらない
  • 過去に事故で膝をぶつけた、あるいは膝をひねってから痛みが続いている
  • 膝を動かすと、引っ掛かる感じやずれるような感じなど、違和感がある

その痛み、膝の軟骨が傷ついているのかもしれません。

膝の軟骨が傷つくとどうなる?

  • 健康な人の膝関節

    膝などの関節には「軟骨」と呼ばれる、水分を多く含む柔らかい骨があり、軟骨がクッションの役割や、関節の摩擦を減らす役割をしています。
    成人の膝関節の軟骨の厚さは約6mmですが、この厚みは30歳代でピークに達し、その後、加齢とともに減っていきます

  • 軟骨損傷と離断性骨軟骨炎

    膝関節の軟骨には体重の数倍の重みに相当する力がかかることがありますが、摩耗しにくく、長年にわたり重みに耐えられる構造を持っています。しかし、スポーツやケガ、使いすぎによって軟骨が傷つくことがあります。
    軟骨の一部が欠けてしまうことを「軟骨損傷」、軟骨の下にある土台となる骨が壊死を起こし、軟骨と一緒にはがれてしまうことを「離断性骨軟骨炎」といいます。

このような方に、
軟骨損傷・離断性骨軟骨炎が
多くみられます
スポーツをしている方
若年(離断性骨軟骨炎の場合)
仕事や日常生活で膝に負担がかかる方

軟骨は一度傷つくと自然には治りません
軟骨の傷を修復しないまま放置すると、膝関節全体が悪化し、さらに軟骨がすり減り、炎症が起きて痛みを感じたり、関節に水がたまるよう(関節水腫)になることがあります。
また、膝の曲げ伸ばしに支障が出ることもあります。

強い痛みや、関節水腫を繰り返す場合は、鎮痛剤で痛みを抑えたり、ヒアルロン酸を関節に注射して軟骨を滑らかにしたりして、症状の軽減をします。
しかし、これらの治療は対症療法であり、軟骨を修復するような治療法ではありません。

現在行われている標準的な軟骨を修復する治療は、外科的な治療法しかありません。
外科的な治療には、骨穿孔法、自家骨軟骨柱移植術、自家培養軟骨移植術があります。

膝関節の軟骨損傷・離断性骨軟骨炎の治験にご協力いただける方を募集しています。 helC(ヘルシー)治験窓口 0120-107-709

WEBでのお問い合わせはこちら(24時間受付)
<お申込みに関するご注意>
※治験参加基準にあわない場合や、予定人数に達した場合などは、ご参加いただけないことがございます。あらかじめご了承ください。

再生医療とは

培養して増やした細胞(幹細胞など)を用いて、病気やケガで傷ついた組織や臓器を修復したり、病気の治療や予防をするための医療技術です。

今回の治験では、この技術を使った治験製品を使用し、傷ついた軟骨を再生することができるかどうかを確かめます。

今回の治験で使用する治験製品は、他の人の関節から採取した幹細胞(骨や軟骨などに変化することができる能力を持った細胞)を培養して作られた立体的な構造を持っているものです。この治験製品を傷ついた関節軟骨に移植すると、軟骨修復が進んでいくと考えられています。

細胞を培養→治験製品を作製→膝関節へ移植

治験(臨床試験)とは

厚生労働省から承認を受けるために行う新しい薬や製品の効果(有効性)や安全性を調べる臨床試験のことを「治験」と呼んでいます。
「治験」は医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律や厚生労働省が定めた臨床試験の実施の基準に従って行われます。

実施中の治験について

この治験に参加できる方

膝関節の軟骨損傷・離断性骨軟骨炎の治験にご協力いただける方を募集しています。
参加には下記以外にも条件があります。
コールセンターにて説明いたしますので、ご興味がある方はぜひ下記の連絡先までお問合せください。

  • 参加いただける条件の一例
    16歳以上60歳未満の方(男女問わず)
    膝関節の軟骨損傷または離断性骨軟骨炎と診断されている方
  • 参加いただけない条件の一例
    両方の膝関節が軟骨損傷または離断性骨軟骨炎と診断されている方
    変形性膝関節症と診断されている方

治験の方法

今回の治験では、<治験製品の移植>もしくは<標準的な外科治療である骨穿孔法のうちマイクロフラクチャー法(MFx法)と呼ばれる手術>のどちらかの治療を受けていただくことになっています。
(どちらの治療を受けていただくかは、コンピューターにより自動的に決められます。)

膝関節の軟骨損傷・離断性骨軟骨炎の治験にご協力いただける方を募集しています。 helC(ヘルシー)治験窓口 0120-107-709

WEBでのお問い合わせはこちら(24時間受付)
<お申込みに関するご注意>
※治験参加基準にあわない場合や、予定人数に達した場合などは、ご参加いただけないことがございます。あらかじめご了承ください。

治験参加のながれ

今回の治験参加のながれはこのようになっています。

  1. 1

    コールセンターでの確認

    電話にて治験の参加条件を満たしているかを確認いたします。

  2. 2

    治験実施医療機関のご案内

    参加条件を満たし、参加の可能性がある方に、治験を実施する医療機関をご紹介します。

  3. 3

    専門医の診察と治験の説明

    現在の身体の状態を医師が診察し、参加条件を満たしているか確認します。
    また、治験の目的や方法について詳しく説明します。

  4. 4

    同意・署名

    説明を受けて治験内容を理解し、参加に納得された場合は、同意書にご署名いただきます。(未成年の方の場合は、保護者の方にも同意書にご署名いただきます。)

  5. 5

    参加基準の確認

    治験の条件にあっているかを、さらに詳しい検査と診察で医師が確認します。

  6. 6

    治験製品移植またはMFx手術

    条件を満たしていることが確認できたら、治験が開始されます。
    スケジュールに従って定期的にお体の状態を調べさせて頂きます。
    (お体の状態により変動しますので、詳細は参加時にご説明いたします)

膝関節の軟骨損傷・離断性骨軟骨炎の治験にご協力いただける方を募集しています。 helC(ヘルシー)治験窓口 0120-107-709

WEBでのお問い合わせはこちら(24時間受付)
<お申込みに関するご注意>
※治験参加基準にあわない場合や、予定人数に達した場合などは、ご参加いただけないことがございます。あらかじめご了承ください。

事前アンケートに
お答えください
事前アンケートにお答えください

アンケートへご回答いただき、ありがとうございました。

アンケートの結果より、今回の治験の基準には合致しないため、お申込みいただくことができません。

ご協力いただき誠にありがとうございました。

最初からやり直す